ジモナビ

COLUMN 就活応援コラム

【インターンシップ参加から内定への道筋!これからどう描く?】ジモトナビ通信vol.1_2022年11月号

みなさんはじめまして!ジモトナビ通信編集部です。
ジモトナビ通信では、愛知・岐阜・三重のジモト就活生に役立つ情報を定期連載でお届けしていきます!

インターンシップ参加から内定への道筋!これからどう描く?

みなさんは就職活動の準備として企業のインターンシップには参加していますか?
新型コロナウイルスの感染拡大という前例のない事態を受け、就職活動にはどんな影響があるのか心配する学生さんも少なくないと思います。
そこで、今回はインターンシップ参加から本格的な就職活動を経て、内定を目指すためにどう行動すべきかについて、データとともに考えていきましょう!

もし新型コロナの影響がなかったら・・・・過去データから企業の動きを考えてみよう!

夏と冬に企業のインターン実施時期が集中!
上記は昨年と一昨年の企業のインターンシップ実施時期です。
8月頃の夏の時期と2月頃の冬の時期に集中していることがわかります。
この傾向が例年通りですが、今年は新型コロナウイルスの影響で全国的にインターンシップのオンラインへの切り替えや延期や中止が相継ぎました。
ということは、学生も夏の時期にあまり活動できなかったということでしょうか?

今年の夏、2022卒学生のインターン参加率は?

夏の時期の活動量で差がつく状況!
上記は、8月に開催したイベント「ジモト発見&インターン」で実施した夏季インターンシップの参加社数に関するアンケート結果です。
夏の時期はリアルな活動が制限される状況ではありましたが、参加学生の9割が1社以上のインターンシップ参加を予定していたことがわかりました。
さらに、7~9社参加を予定している学生も一部おり、夏季の間の活動量において学生間に差が生まれている状況と言えます。
夏季インターンシップにあまり参加できなかった、ということで危機感を感じている方もいるかもしれませんが、まだ焦る必要はありません。

ここからの巻き返しは可能!どの企業のインターンシップに参加するか迷っている方はイベント参加がオススメ!

冬は夏よりも実質的な採用活動に結びつきやすいため、このチャンスを逃さず、後悔のないよう行動することが内定に近づく一歩につながります。
インターンシップの見つけ方は就活サイトの活用はもちろん、イベントの参加もオススメです。
企業ブースで、実際に企業担当者に出会い、企業の雰囲気を掴んでいきましょう!
自分の志望軸が定まらず、どんな企業のインターンシップに参加するか、迷っているという方は、業種にこだわらず、いろんな企業のインターンシップに参加してみることがオススメです。
参加して感じたことを整理してみると、自分が働く上で何を求めているのかが少しずつ見えて来るはずです。
自分に合う企業を見つける上で、固定観念を持たずに、視野を広げて行動することが、遠回りに見えて、近道につながりますよ!

ー心得ー
1.夏の時期の活動で就活生に意識の差が生まれている!
2.夏に動けなかった人も焦る必要はなく、今から冬の時期が正念場!
3.迷っている方はイベント参加がオススメ!幅広い業種の企業のインターンシップ参加が内定への近道!


今からの就活準備にオススメイベントはこれだ!

\冬のインターンシップ情報GET!/▼来場予約はこちら▼
1/30開催「ジモト就職応援フェア」

\「GD選考負けなし」を目指そう!/グループワークディスカッション型スカウトイベント
「出会いの場 東海イベント」

就職に役立つ情報発信!SNSを活用しよう!

▼ぜひフォローお願いします▼
合説や就活あるあるなど気軽に就活情報を知ることができる公式アカウント「名大社学生の小部屋」をほぼ毎日更新中!!
Twitter
名大社学生の小部屋

▼友達登録はこちら▼
就活にまつわるお悩み募集中!
頂いたお悩みの中で、次回のジモトナビ通信にてご紹介させていただきます!
詳しい応募方法は、名大社就活応援TL(タイムライン)をご確認ください。
LINE公式アカウント
大社就活応援